【自己紹介】ママ薬andをなぜ始めたのか?

始めまして!ママ薬andオーナーの“ふーみん”です。

ここでは私の自己紹介とママ薬剤師コミュニティ『ママ薬and』を始めようと思ったきっかけや想いを書いてみたいと思います。最後までお読みいただけると嬉しいです!

“ふーみん”について

仕事
●株式会社ネクスウェイにて薬剤師向けメディア「医薬情報おまとめ便」「アスヤクLABO」「アスヤクLife研修」等のサービスプロデュースをしています。
●新卒で入社し、BtoB間のコミュニケーション手段の提案・サービスの導入支援などを営業職として経験した後、薬剤師向けメディアの事業立ち上げメンバーとして加入。
●これまで取材やヒアリングでお会いした薬剤師さんは延べ200人以上。多くの課題や想いを聞かせていただきながら薬剤師さん達の嬉しいを形にできるよう奮闘しています。
●二人目の子どもを出産し現在育休中。時短勤務で4月に復職予定です。(慣れてきたらフルタイムにします)

<家族>
●夫(サラリーマン)、長男(3歳)、次男(0歳)の4人家族。
●コロナ禍で夫の仕事は在宅ワークと出社が週に半々くらい。資格を有する仕事なので研修や勉強などで遅い時間の帰宅や土日にいないこともあります。

<私のこと>
仕事も育児も女性であることも頑張りたい!タイプです笑。仕事では世の中で役立つ事業を一つでも多く届けたいし、それに関わるメンバーと一緒に成長したい。だからといって家庭や女性であることをおざなりにしたくない。しっかり子供達にも愛情を注いでいきたいし、いつまでも女性として綺麗でいたい、そんな価値観を持っています。
●最近アンチエイジングを頑張っています!育児に追われていると自分のケアは後回しになりがち…。後々後悔しないように時間を見つけて丁寧にスキンケアをしたり、青汁を飲んだり、無理しすぎずやるようにしています。
●産後ダイエットをそろそろ始めないと…と思っています…。

ママ薬andについて

<始めようと思った経緯>
私が一人目の子を出産して復職してワーママになった時に「こりゃ大変だ」と思ったんです。
色々課題はありますが時間的制約が大きかったです。それでもSNSやネットを見れば一般的なワーママテクや情報は溢れているし、オフィスワーカーである私はフレックス勤務や在宅ワークなど、ある程度柔軟に家庭の状況に合わせて働くことができました。

でもママ薬剤師さん達は、病院や薬局という勤務先にシフトに合わせて出社しなければならないという環境であるほか、専門職であるが故のブランクの不安など私とは違う課題があります。
前途の通り、私は薬剤師向けサービスをプロデュースしてきたわけですが、自分が母になってみて『ママ薬剤師』に特化した情報がない、ということに気づいたんです。
また、雇用側もまだまだママ薬剤師について理解がされていない実態もあります。

こういった状況を踏まえて、ママ薬剤師同士が持っている知見やノウハウを共有できる場を作り、自分スタイルで生き生きと頑張れる後押しをしたい!
そう思い、ママ薬剤師向けの情報コミュニティを始めることとなりました。

<今やっていること、これからのこと>
ママ薬andは私ともう一人のママ薬剤師さんと立ち上げました。
まずは、子育て情報・ママ薬剤師向け情報をメインにインスタグラムで情報発信をしています。
今は一方通行の発信ですが、ママ薬andはメディアではなく『コミュニティ』として運営していきたいので、何れはママ薬剤師さんが集まり情報やノウハウを共有できる場所として成長させていきたいです。
なので多くのママ薬剤師さん達と繋がれるように少しずつ頑張ります!