ママ薬剤師の企業見学レポート~フルリモートでお客様の悩みを解決するオンライン薬局YOJO~

2021年4月13日

「オンライン薬局」「リモート薬剤師」「在宅勤務可能」
子育て中のママ薬剤師にとってはとても魅力的なワードではないでしょうか!?
私が以前から気になっていたかかりつけオンライン薬局「YOJO」様に今回取材(見学)をさせていただきましたので実際のお仕事内容やワークスタイルをレポートいたします!

【参加者】
<株式会社YOJO Technologies>
●伊藤 さん
 カスタマーサクセス / 薬剤師 / 正社員 / 東京都在住 / 店舗勤務
●小島 さん
 カスタマーサクセス / 薬剤師 / パートタイム / 栃木県在住 / フルリモート / 幼稚園・小学生2人のママ / 上のお子さんが小学校入学 / DS併設薬局 → 調剤薬局 → YOJO入社
●YUKI さん
 カスタマーサクセス / 薬剤師 / パートタイム / 福岡県在住 / フルリモート / 未就学児のママ / MR8年→ 調剤薬局2年 → YOJO入社

<取材班>
●ふーみん
●ママ薬剤師 4名(今回の取材にご興味のあるママ薬剤師さん達にご参加いただきました) 

画面中段左から伊藤さん・小島さん・YUKIさん

完全フルリモートで薬剤師として働くことができる!

ふーみん:「本日は宜しくお願いします!それにしてもお三方、東京・福岡・栃木県在住と津々浦々なんですね!?」

伊藤さん:「はい、カスタマーサクセス業務をする薬剤師スタッフは自宅で完全フルリモートで業務を行える環境となっていますので従業員の居住地はさまざまです。YUKIさんも小島さんも一度も新宿オフィス(店舗)に来たこと無かったですよね?(笑)」

YUKIさん・小島さん:「ないです(笑)」

小島さん:「今日も下の子が入学式で早く帰ってきたのですが、家で遊ばせながら仕事ができていてすごく良い環境です!」

ふーみん:「おお!この時期のママ薬さんに多い悩みですがリモート勤務なら解決ですね。そのカスタマーサクセスというお仕事なのですが、どんなお仕事なのでしょうか?」

伊藤さん:「当社は2018年に設立したかかりつけオンライン薬局“YOJO”と言いまして、お客様がLINEで体質や身体の不調・お悩みを相談すると医療アドバイザーの薬剤師が漢方やサプリメントなどの商品を提案し、購入されると自宅まで配送するというサービスを行っています。勤務している薬剤師は主にこのお客様の相談に乗り、解決策をご提案するという業務を行っていて、リモート勤務している薬剤師は13名ほどいます。」

ふーみん:「なるほど~。普段はどのような流れでお仕事をされているのでしょうか?」

YUKIさん:「私たちカスタマーサクセスの薬剤師は、毎日お客様からくるチャットでのご相談に対して、会社のシステムに下書きという形で回答を入力します。それを店舗勤務している薬剤師がチェックしお客様に返すという流れとなっています。ご相談内容としては飲み合わせや服用中の漢方の話や生活アドバイスなんかも行っており、ドラッグストアや薬局で働いたことのある薬剤師なら普段から対応していることと同じような内容になるかと思います。

小島さん:「私も基本的には同じ業務をしていますが、SNS運用も担当しています。TwitterのYOJOアカウントの中の人です笑。」

伊藤さん:「YUKIさんは教育研修なども担当いただいており、従業員それぞれの得意分野やスキルに応じてチャット対応以外の業務も担っていただいています。」

自宅だからこそ長めの勤務や子どもの体調不良時も勤務可能

ふーみん:「皆さん、どのような時間帯で勤務されているのでしょうか?」

YUKIさん:「私は10:00~16:00です」

小島さん:「私は9:00~18:00ですが、子どもの習い事がある日は早めに切り上げさせてもらったり柔軟に対応いただいてます。」

伊藤さん:「オンライン薬局という特性上、システムに慣れていただくことと、漢方を3,40種類ほど覚えて選び分けてお客様にご提案していただく必要があるので、最初の研修期間は結構しっかり入っていただくことが多いです。そのため9:00~18:00などの日勤と、お昼~22:00までの遅番(※開局時間が9:00~22:00のため)で6~8時間×週4,5日くらい長めに働かれている方が多いです。生活環境の変化など前々から分かっていることがあれば相談の上、勤務時間の変更など対応させていただいてます。」

ふーみん:「なるほど。これまでの通勤時間が無いと考えると長めに入ることも可能ですよね。自宅なので休憩時間に夕飯準備もできちゃいますし(笑)。あとこれは鉄板質問なのですが、子どもの急な体調不良での休み・早退の時はどのように対応されているのでしょうか?

伊藤さん:「体調不良はお子さんもですがご本人の場合もありますよね。それは他のどの企業様でも皆さん起こりうることなので、勤務が難しい場合は当日ご連絡いただいて他のスタッフでカバーするようにしています。小島さん先日ありましたよね!?」

小島さん:「ありました…子どもの胃腸炎をもらってしまって。。自分の体調不良の時は仕方ないですが、子どもって熱があっても元気な時があるじゃないですか。下がりかけの時とか。保育園や学校には行けないですが、自宅で遊んでてもらいながら自分は仕事ができたりするのでその点はリモートワークのメリットかなと思います。」

ふーみん:「あります・・・!かなりしんどそうな時は付き添って看病しないとですが、本当に体調悪いの笑?というくらい元気な時があるので、そんな時に子どもは好きな遊びをさせて横で仕事ができるのは良いですね!」

小島さん:「そうなんです!私は以前大手の調剤薬局で働いていたことがあるのですが、保育園から連絡が来ないかドキドキしながら働いていましたし、子どもが鼻水出てて少し体調悪そうでもごめんねと言って預けたり、自分は元気なのに子どもが熱だと休まなければでとにかく心苦しい毎日でした。そんなママ薬剤師の働く環境を整えたいという想いもあってYOJOに入社しました。今は上記のような心苦しさが無くなりました!

リモート勤務薬剤師が日ごろ見ている画面イメージ

オンラインでも薬剤師の資格を活かして働けるやりがい

ふーみん:「YOJOさんで働かれていてどんなところがやりがいに感じますか?」

YUKIさん:自分の可能性を広げる学びの機会が多いことです。居住地や生活環境問わずリモートで薬剤師として働けるというのはもちろんメリットですし、LINEを使ってオンラインでお客様対応をしたり、働き方や働いているメンバーもユニークな部分が多いので、今まで経験することが無かった部分で学ぶことがとても多くやりがいに繋がっています。」

小島さん:実際に薬局で働いていた時と同じように体調のことや飲み合わせのことなどについて薬剤師として相談にのることができ、さらにそれを自宅に居ながら子育ても両立しながら長時間働けてるのは本当にやりがいです。」

伊藤さん:「現在6万人の会員様がいて、今もどんどん増えている状況なので、お客様それぞれのお悩みに寄り添って伴走する。それが薬剤師メンバーに期待している部分です。」

ふーみん:「オンライン対応でもリアルと変わらないお客様対応やそれ以上の学びの機会があるということがやりがいに繋がっているのですね!」

ママ薬剤師の気になる質問TIME

ふーみん:「参加されているママ薬剤師さんから質問してもらいましょう!」

***
ママ薬Mさん:「聞いちゃっていいですか・・・?実際お給料面はどうなのでしょうか?笑

伊藤さん:「金額は採用時にお伝えするので控えさせていただきますが、最初はパートタイム(業務委託)雇用で時給制で何段階かレベルアップしていただきます。その後ご本人の希望に合わせて正社員のご案内をさせてもらっています。正社員になるとチャット外業務の割合が増加します。」

***

ママ薬Aさん:「商品はサプリメントと漢方薬とのことですが、OTC販売は行っていないのでしょうか?

伊藤さん:「はい、OTC販売は現在行っておりません。というのも元々オンラインで商品を販売することが目的なのではなく、お客様の悩みに寄り添って伴走することことが事業目的となっているため、継続して服用し選ぶことが難しいサプリメントと漢方をご提案商品としています。とは言え、スポットでOTCが必要な方もいらっしゃいますので、今後は商品の品ぞろえも検討していく予定です。」

***

ママ薬Aさん:お客様はどんな方が多いのでしょうか?」

伊藤さん:「現在は圧倒的に漢方を服用するお客様が多く9割型女性です。不妊・生理不順など女性特有のお悩みを抱える方やダイエット目的の方もいます。男性の方は不眠症状の方などが多いです。年代は20代後半~50代前半くらいがメインゾーンになります。」

***

ママ薬Aさん:「ありがとうございます。それと、お一人につき何回もチャットを返したり長くなってしまって困ることはありますか?」

YUKIさん:「私たちの仕事は相談がメインなので困ることはないですね。むしろあまり答えてくださらない方に対してどのように聞き出すかなどを日々皆で話しながら対応するようにしています。」

***

ママ薬Nさん:一日にどれくらいの人数のお客様を対応するのでしょうか?」

伊藤さん:「だいたい7名くらいの薬剤師で一日3,400件の会話対応をしています。数としては多いと思いますが、高効率で返信できるようスタッフが使いやすいシステム開発をしたり日々機能要望をあげたりしています。また、慣れと経験もありますが回答を返す意思決定が速い薬剤師が多いです。そういう面で会社として生産性を高めています。」

***

ふーみん:「ちなみに漢方の知識ってどこまで必要でしょうか・・・?」

YUKIさん:「私の場合は独学でしたが、今は漢方の知識が豊富な薬剤師も増えたので分からないことがあればSlackや常に接続しているZOOMですぐ他の薬剤師に聞いたりもできるので、自分自身の努力も必要ですが安心して働けると思います。」

見学を終えて

参加されたママ薬剤師さん達からの感想コメントです!

Mさん色々な働き方があり、勉強になりました!オンライン、もっと広がればいいなぁと思いました。

Nさん:リモートで仕事ができること、とても魅力的です。また、処方箋に頼ることなく、薬剤師が活躍できているところも素敵だと思いました。

Aさん:薬剤師としてカウンセリングのお仕事が、自宅からリモートでできる働き方はとても魅力的に映りました。 判断に迷った時は同時に勤務している薬剤師さん同士で相談でき、進行中の業務が一覧でわかるようなシステム作りをされていて いつか実際に経験してみたいと思いました。

Eさん:お忙しい中、お話を聞かせていただきありがとうございました。育児をしながらの働き方について考えていた時に、在宅でできる薬剤師の仕事を探しておりました。時間的な事はありますが、とても理想的な働き方だなと感じ、とても興味を持たせていただいております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


薬剤師資格を活かしながらリモートワークができる。子育てもキャリアも諦めたくないママ薬剤師の一つの選択肢としてとても素敵な職場だなと思いました!オンラインですが、密にスタッフ同士のコミュニケーションもありチームでお客様をサポートしている雰囲気が伝わりました♪今後も注目の企業ですね!
以上企業見学レポートでした。

【取材先】
株式会社YOJO Technologies
所在地:東京都新宿区四谷三栄町3-11中村ビル101 YOJO薬局四谷店 

・従業員数30名(社員6名+業務委託・パート・アルバイト25名弱)
・ママ薬剤師:4名
 LINE公式アカウント

公式ホームページ
Twitter:@yojo_personal
Instagram:yojo__official